紫外線対策は年間を通して必要だと言われていますが、特に真夏の炎天下では、しっかりと日焼け止めクリームを塗りたいですよね。
しかし、化粧をしない日に直接日焼け止めクリームを塗ると、肌に負担がかかるのではないかと心配する人も少なくありません。
日焼け止めクリームは化粧品と同じように、肌に塗ることで多少なりとも負担はありますが、塗らずに紫外線のダメージを受けるほうが何倍も負担になります。

そこで、肌への負担をできるだけ抑えた日焼け止め対策をする方法や、おすすめの商品について詳しくご紹介していきます。

紫外線吸収剤不使用のレフ板ファンデ
ヴィーナスリフレクションのお得な情報はこちら>>

日焼け止めを塗ると肌に負担がかかる?塗るのと塗らないのとではどちらのほうが負担?

鏡を見る女性

日焼け止めを塗ることは、少なからず肌への負担はあります。しかし、何も塗らずに紫外線を浴びた肌には、その何倍も大きな負担がかかります
そのため、特に紫外線の強い夏場に外出する場合などは、必ず日焼け止めを塗ったほうが良いと言えます。

そもそも、なぜ日焼け止めは肌に負担がかかるのかというと、含まれる成分に原因があります。
日焼け止めには、紫外線を防止するために紫外線吸収剤紫外線散乱剤が含まれているのですが、紫外線吸収剤は肌への負担が大きいと言われています。では、この2つの成分について詳しく見ていきましょう。

紫外線吸収剤のメリットとデメリット

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収し肌の上で化学反応を起こすことによって、エネルギーに変換し放出してくれるという働きをします。紫外線防止効果は散乱剤よりも高いため、SPFやPA値の高い日焼け止めに使用される傾向があります。量も少量で高い効果が得られます。
しかし、肌の上で化学反応を起こすということは、肌への負担が大きいというデメリットもあるため、特に敏感肌の方は肌トラブルを起こす可能性もあります。
テクスチャーは、透明で伸びが良いため、肌になじみやすく肌触りも良いのが特徴です。

紫外線散乱剤のメリットとデメリット

紫外線散乱剤は、紫外線を肌の上で反射せることによって、皮膚を守ってくれるという働きをします。肌への負担が少ないため、敏感肌でも安心して使用することができます。
しかし、テクスチャーが白い無機粉末のため、肌に塗ったときに白浮きしやすいというデメリットがあります。紫外線散乱剤は吸収剤に比べるとUV効果が低いため、その分多く使用する必要がありますが、余計粉っぽさが目立ち白浮きしてしまいがちなのです。

このように、それぞれメリットデメリットがありますが、肌への負担を考えるならば、紫外線吸収剤を使用していない日焼け止めを選ぶことをおすすめします。こちらは紫外線吸収剤不使用で美容液効果もあるファンデーションなので、ぜひチェックしてみて下さいね。

紫外線吸収剤不使用のレフ板ファンデ
ヴィーナスリフレクションのお得な情報はこちら>>

SPF・PA値の高さによって肌への負担は変わるの?高いと肌に悪い?

指さす女性

日焼け止めクリームだけでなく、化粧下地やファンデーションなどでも目にするSPFPAといった表記ですが、詳しい意味を聞かれたら漠然としている方が多いですよね。
これらの数値が高いほど、紫外線防止効果も高く、その分肌への負担も大きくなると言われています。では、それぞれどのような数値を表しているのか詳しくご紹介していきましょう。

SPFやPAの意味とは?

SPFは、Sun Protection Factor(サン・プロテクション・ファクター)の略であり、紫外線防御指数を表しています。これは、シミ・そばかす・皮膚がんなどの原因となる紫外線B波(UVB)を防止する力を数値化したものとなります。
SPFのあとに、20~50といった数字の表記がありますが、この数値は何もしていない肌と、該当する日焼け止めを塗った肌では何倍の紫外線量に耐えられるのかを表しています。
SPF50₊という表記のものもありますが、これは通常の50倍以上の紫外線量に耐えられるということになります。この数値が高いほど肌が赤くなりにくいと言えます。

PAとは、Protection Grade of UV-A(プロテクション・グレード・オブ・UVA)の略であり、UVA防止効果指数を表しています。これは、日焼けの他にシワやたるみの原因となる紫外線A波(UVA)の防止力を示しており、+の数が多いほど効果が高くなります。
簡単に言えば、肌が黒く日焼けするまでの紫外線量にどれほど耐えられるかを表しています。
UVAの特徴としては、肌の奥まで入り込みコラーゲンなど肌に良い成分を傷つけてしまい、それがシワやたるみなどの老化現象に繋がるため、時がたってから受けたダメージを感じることが多いと言えます。そのため、日常的に防止する必要性が高いのです。

どの数値の日焼け止めを選べば肌への負担がかからないの?

単純に考えると、肌への負担は数値が高いものほど大きくなります。しかし、炎天下の中長時間外にいる場合などに、数値の低いものを塗っても肌が紫外線に負けて、その負担のほうが大きくなってしまいます。
つまり、過ごす環境や時間によって、使用する日焼け止めの数値は変える必要がありますので、以下で詳しく見ていきましょう。

SPFPA
炎天下で長時間
レジャーやマリンスポーツなど
50~50+++++
通常の気候で短時間
軽いスポーツや観光など
30~40+++
日常生活
通勤や買い物など
20~30++

このように、天候や滞在する時間などによって、数値を変えると良いでしょう。例えば、日常生活の中で外にいる時間がそれほど長くないのに、SPF50の日焼け止めを塗る必要性は低く、日焼け止めによる肌への負担が大きくなってしまいます。

日焼け止めを落とす時の肌への負担は?専用クレンジングが必要?

容器を見る女性

日焼け止めは、通常の洗顔料で落とせるものから、専用クレンジングでないと落とせないものまで様々です。基本的には、日焼け止めのパッケージに落とす方法が記載されているので、購入する際にチェックしておくと良いでしょう。専用クレンジングが必要なものは、セットで購入しておくと便利ですよ。

洗顔料で落とせるタイプが一番肌への負担は少ないと言えますが、通常のクレンジングや専用クレンジングを使用するからと言って、負担が大きく変わるわけではありません。紫外線防止効果の高いものや、ウォータープルーフのものは、通常のクレンジングや専用クレンジングで落とす場合が多いので、負担をかけない落とし方についてご紹介しましょう。

日焼け止めの正しい落とし方

日焼け止めを落とす際は、化粧を落とす時と同じ要領で行えば大丈夫です。特別なことは必要ありませんので、以下の点に気を付けて正しくオフしましょう。

  • こすらずに優しくなじませる
    しっかり落としたいがために、ゴシゴシこするのは厳禁です。ゆっくりなじませながら、優しく洗い流しましょう。

  • ぬるま湯で落とす
    熱湯で洗い流すと、必要な皮脂や成分まで落としてしまうので、ぬるま湯が最適です。

  • 洗顔後の保湿ケアを必ず行う
    長時間にわたって日焼け止めに覆われた肌は、少なからずダメージは受けているので、乾燥させないようしっかりと保湿ケアを行いましょう。これは、いつも通りのケアで問題ありません。

落とし残しがあると肌トラブルの原因になるため、日焼け止めを塗った日は、その日のうちに必ず落とすようにしましょう。

紫外線対策しながら輝く肌に!おすすめのコスメをご紹介!

コスメボトル

高い紫外線防止効果を持ちながらも、紫外線吸収剤不使用で美肌効果やカバー力まで5つの役割を果たすオールインワンファンデーションがあるんです!これ1本でベースメイクが全て完結できる優れモノなので、詳しくご紹介していきましょう。

紫外線対策をしながら美肌効果も!ヴィーナスリフレクションはココがすごい!

ヴィーナスリフレクション

1本5役のジェルクリームファンデーションであるヴィーナスリフレクションは、SPF50+ PA+++という高い紫外線防止効果を持ちながらも、紫外線吸収剤不使用という肌に優しいファンデーションなんです。では、具体的にどのような役割を果たすのかご紹介しましょう。

ヴィーナスリフレクションは、以下の5つの役割を果たします。

  • 日焼け止め
  • 化粧下地
  • コンシーラー
  • フェイスパウダー
  • ファンデーション

さらに2層構造になったジェルクリームは、高いカバー力レフ板効果があるため、シミ・シワ・毛穴をカバーしながら明るい肌に見せてくれます。

そして、美肌乳酸菌ラ・フローラEC-12を配合しているほか、8種のエイジングケア成分まで含まれているので、メイクをしながらでも美肌になれるファンデーションです。
メイクを落とす際は、普段使用しているクレンジングで落ちますので専用クレンジングを購入する必要もありません。

紫外線吸収剤不使用のレフ板ファンデ
ヴィーナスリフレクションのお得な情報はこちら>>

ヴィーナスリフレクションに関しては、こちらの記事でさらに詳しくご紹介していますので、気になった方はぜひチェックしてみて下さい。