レナセルは、ヒト幹細胞培養液の力で年齢肌に悩む女性の肌を、美肌へ導くと口コミやSNSで話題の美容液です。しかし、実際に使用した方の口コミでは、シミが消えない、効果がないといった声が寄せられていました。エイジングケア美容液として高い評価を得ながらも、実際のところあまり効果がないのか、レナセルのエイジングケアとはどのようなメリットがあるのか、調査しましたのでご紹介します。

初回限定1980円で購入できるお得な情報はこちら>>
返金保証あり♪

レナセルでシミは消えない?その真相とは?

鏡を見つめる女性

レナセルを使用する方の中には以下のような口コミがありました。

“シミやシワに効果があると聞いて使ってみましたが一向にシミが消えません。私には効果がありませんでした”

結論から言ってしまえばレナセルは医薬部外品ではありませんので、既にできてしまったシミなどを消す効果はありません

エイジングケアコスメというのは、現在の肌に足りないものや加齢により起きてしまった肌トラブルなどにアプローチし、外側から補っていくといったものが多いのが特徴です。

しかしレナセルは、肌の内側からアプローチすることによって肌本来の力を引き出し、年齢肌に悩まない肌を作るということが目的の美容液なのです。そのため、即効性を求める方にはあまりおすすめできません。

初回限定1980円で購入できるお得な情報はこちら>>
返金保証あり♪

レナセルの新しいエイジングケアとは?その効果もご紹介!

頬を触る女性

レナセルは、ヒト幹細胞培養液を配合し、土台を整えるという新しいエイジングケアに着目しています。まずは使用している方の口コミをご紹介しましょう。

“使い始めて1週間くらいでハリがなかった肌が柔らかくフワッと感じました”(30代女性)

“肌なじみが良く、使い続けていると肌にハリが出てきます”(40代女性)

ほとんどの方がエイジングケアとして使用し、ハリツヤや浸透力を実感しています。では、レナセルが用いるヒト幹細胞培養液とは具体的にどのような効果をもたらすのか、解説していきましょう。

ヒト幹細胞培養液で土台エイジングケア!

レナセルには、研究をもとに作られた国産純度100%のヒト由来培養エキスが配合されています。これにより、健やかな肌環境に導く巡回力や保湿バランスを保つ分泌力、外部の刺激から肌を守るバリア力を持った活性サイクルを作り、肌本来の持つ美肌力を引き出す働きをします。

さらに3種の強化成分も配合!

さらに、ヒト由来培養エキスの力を底上げする以下3種の強化成分も含まれているため、より効果的に皮膚の奥へとアプローチします。

1.プロテオグリカン

  • 保湿作用
  • 弾力ケア
  • 加齢による肌トラブルにアプローチ
  • コラーゲンやヒアルロン酸の働きをサポート

2.アクアタイド

  • 老廃物の発生を防ぐ
  • 肌環境をクリーンに保つ
  • 水分を蓄えやすい状態に導く

3.ロイヤルビオサイト

  • コラーゲンの働きをサポート
  • 肌荒れを防ぐ
  • 肌にハリを与える

くすみにアプローチする3種のビタミンC誘導体配合!

従来のビタミンC誘導体の100倍の浸透率を実現したAPPSなど、3種類のビタミンC誘導体を贅沢に配合しているため、角質層まですーっと浸透していきます。高い浸透力を実感する方が多いのは、この成分の働きがあるからでしょう。

レナセルは以上のような成分により、肌を土台からケアしてクリアな素肌を作り出します。

初回限定1980円で購入できるお得な情報はこちら>>
返金保証あり♪