エイジングケア美容液として年齢肌の悩みを抱える女性に人気のアスハダですが、ニベアの青缶と併用すると効果が倍増するといった情報がネット上で話題になっています。中には「シミが薄くなった」という口コミもある程です。しかし、アスハダにもニベアにもシミを無くす成分は含まれていないため、シミが消えるということはありませんし、倍増するという可能性も低いということがわかりました。ここで、アスハダとニベアを併用した人の口コミを元に、その効果や成分について解説していきたいと思います。

次世代エイジングケア【アスハダ】詳しい情報はこちら>>
初回1980円!返金保証あり♪

アスハダとニベアを併用すると効果が倍増する?シミが消えたとの口コミも!

頬に触れる女性

まずは、ネットの情報を見て試してみたという方の口コミをご紹介しましょう。

“いつも使用しているアスハダを塗った後にニベアクリームを塗ってみました。確かにモチモチして潤いが続く!”

“アスハダのあとにニベア塗ったらシミができなくなりました!”

“アスハダとニベアを併用すると効果があると聞いたのでやってみましたが、何も変わりません”

このように効果を感じた方と全く効果を感じなかった方がいました。結論から言いますと、ニベアにアスハダの効果を倍増させる働きはありません。また、シミができなくなったという方はいますが、アスハダとニベアを併用することで今あるシミがなくなるということもありませんので注意してください。

ではなぜ、潤いを感じたりシミができなくなる人がいるかというと、肌の状態が改善されることで結果的にそうなったと考えられます。

アスハダの効果とは?

アスハダは、肌のターンオーバーを促すと言われているグロスファクターをたっぷり保有する羊膜エキスをメインに配合しているほか、コラーゲンやヒアルロン酸などの美肌成分も含まれています。これにより、美肌力を取り戻したり肌にハリやツヤを与える効果が期待できます。

シミができなくなったと感じている方は、アスハダにはシミ予防効果も含まれているため、使い続けることでエイジングケア効果があらわれ、美肌力を取り戻すことによりシミのできにくい肌になった可能性があると言えるでしょう。

ニベアの効果とは?

一方ニベアの成分はワセリンやグリセリン、ホホバ油やスクワランなどオイル系を中心とした保湿効果のある成分が含まれています。そのため保湿効果や、スキンケア後の肌に蓋をして潤いを閉じ込める効果などはありますが、美肌効果やエイジングケア効果などはあまり期待できません

つまり、アスハダを塗った後にニベアを使用することで保湿力を補える可能性はあります。また、保湿効果が持続することで肌のターンオーバーも整い、肌環境が改善されるため、倍増効果があるように感じる人もいるということです。

アスハダとニベアを併用する際の使用方法と注意点

指さす女性

アスハダとニベアを併用することに問題はありませんが、使用方法や注意点を守ることが重要ですので、詳しくご紹介します。

アスハダの使用方法

アスハダの使用方法として重要なのが、化粧水のあとに使用するということです。洗顔後に化粧水で一度肌を整えてから塗りましょう。

分量は、5~6滴が目安です。指の腹で内側から円を描くように顔全体に広げます。その後は顔全体を下から上へ引き上げるようなイメージで優しく伸ばしましょう。

力を入れずに包み込むようなイメージで塗るのがポイントです。水っぽさがなくなり指が滑らない程度になったら浸透しているサインです。

ニベアの使用方法と注意点

ニベアを使用する際は必ずアスハダを塗った後に使用してください。分量は少なめに取り薄く伸ばす程度にしましょう。

ニベアはオイル成分を多く配合しているため、保湿力を上げたいからといって多く塗ってしまうと毛穴に詰まって汚れの原因になり、逆効果となる可能性があります。肌に浸透させるという目的ではなく、あくまでも肌に蓋をするだけの目的となります。

ニベアを使用しないほうがいい人とNGな使い方

前述したように、ニベアにはオイル成分が多く配合されています。そのため、脂性肌(オイリー肌)の方は使用しないほうが良いでしょう。

また、おでこから鼻筋にかけてのTゾーンや頬など皮脂の分泌が多い箇所毛穴が目立ちやすい箇所にもおすすめできません。

皮脂の多い部分にオイル成分メインの保湿クリームを塗っても、逆にニキビや肌荒れなどの肌トラブルを引き起こす原因になってしまう可能性がありますので、注意してください。

次世代エイジングケア【アスハダ】詳しい情報はこちら>>
初回1980円!返金保証あり♪