エイジングケア美容液として人気の高いアスハダとクロノセルは、どちらも年齢肌に働きかけて美肌にする効果が期待できますが、使用されている成分やその働きに少し違いがあります。そこで、2つを徹底比較しましたのであなたに合うエイジングケア美容液はどちらなのか、参考にしてみてください。

次世代エイジングケア【アスハダ】詳しい情報はこちら>>
初回1980円!返金保証あり♪

アスハダとクロノセルを徹底比較!あなたにおすすめなのは?

ガッツポーズする女性

まずは、あなたにおすすめなのはアスハダとクロノセル一体どちらなのか、まとめましたので見ていきましょう。

クロノセル アスハダ
30~40代
40~50代
肌を復活させたい
小じわが目立つ
シミが増えた
ハリツヤを出したい
乾燥する
化粧水や乳液の入りが
悪いと感じる

アスハダとクロノセルはどちらも、肌の持つ力を再生し土台を整えながら美肌にしていくという働きがあります。そのため、長く使い続けることで、ハリツヤを取り戻したり、シワを目立たなくさせる効果が期待できます。ただ、アスハダにはそれに加えてシミが目立たなくなったという口コミが多く見られました。

ここで、それぞれの口コミを比較してみましょう。

アスハダの口コミ

良い口コミ

浸透力が高く翌朝の化粧ノリがとても良くなりました

“シミがとても気になっていたので使い始めたのですが、2ヶ月くらいたったあたりからシミができづらくなったなぁと実感しました

悪い口コミ

“使い始めて1ヶ月くらいたちましたがシワとかシミは変わりません。効果が出るまで結構かかるのかなぁ”

クロノセルの口コミ

良い口コミ

“ブースターとして使用していますが全てのスキンケアがスーッと浸透します。翌朝の化粧ノリも良いです

“肌がツルツルしてワントーン明るくなりました

悪い口コミ

“くすみなどは目立たなくなりとても良いのですがどうしてもシミが改善されません”

どちらも同じような効果を感じる方が多いですが、シミやシワなど目に見えやすいものに関しては、アスハダのほうが改善されたという口コミが多く目立ちました。
※保湿をし乾燥によるくすみを防ぐ

次世代エイジングケア【アスハダ】詳しい情報はこちら>>
初回1980円!返金保証あり♪

アスハダとクロノセルの成分や効果の違いとは?

では続いて、それぞれに使用される主成分やそれに伴う効果の違い、使用方法の違いについて見ていきましょう。

主成分 主成分の効果

使用する人の
平均年齢

使用方法
アスハダ 羊膜エキス

肌の再生、
シワ、
シミ予防など

40~50代 化粧水の後
クロノセル ヒト由来
培養エキス

肌の再生、
潤い、ツヤ、
浸透力など

40~50代 化粧水の前

アスハダは、化粧水で整えた後の肌に塗ることで効果が得られる美容液となっています。羊膜エキスには、「若見え因子」とも言われるGDF-11を含むほか、プラセンタの約100倍ものグロスファクターを保有しており、年齢肌で衰えた肌の機能を再生する力やターンオーバーを促進する働きがあります。また、紫外線によるシミ予防効果※も含まれており、進行した年齢肌から若々しい肌を取り戻すことが期待できます。

一方クロノセルは、化粧水の前に塗るブースターの役割を持つ美容液のため、その後の化粧水や乳液などの浸透力も底上げします。主成分として使用されるヒト由来培養エキスは再生医療としても注目されており、こちらもアスハダに使用される羊膜エキスのように肌のターンオーバーを促進したり肌本来の力を再生する働きがあります。そのため、年齢肌から肌のハリツヤを取り戻すことが期待できます。

※保湿をし乾燥によるくすみを防ぐ

どちらがおすすめ?

頬を触る女性

2つの効果は非常に似ているため比較するのは難しいですが、年齢肌の悩みに加えてシミも気になるという方はアスハダがおすすめです。

また、クロノセルは洗顔後に塗るのに対しアスハダは化粧水を付けたあとに塗るものなので、使用方法の違いも考えながら自分に合った美容液を使用すると良いでしょう。ちなみに、アスハダでシミが目立たなくなったという口コミは多いですが、あくまでもシミのできづらい肌を作るのであって、元からあるシミを消す効果はありませんので注意してください。

次世代エイジングケア【アスハダ】詳しい情報はこちら>>
初回1980円!返金保証あり♪